株式会社 サン美術工芸は、額縁製品関連・掛け軸表装関連・寺社部門関連等の事業を行なっている、富山県高岡市の会社です

〒933-0941 富山県高岡市内免4-6-33

【ご案内】弊社の掲示板が選ばれる理由

2014-02-25

雅シリーズ20

大和シリーズ20

末永く安心してご利用頂けますよう弊社の掲示板にはさまざまな心配りを致しております
現在、主流となっている掲示板は、掲示板を土台の上に乗せ、ボルト留めする作りになっています
しかし、この方式で設計されたものは、年月の経過に伴い結合部分の腐食が進むと、掲示板が重みや強風で折れてしまうということが多く起こりました(これだけ重量のあるものが急に倒れてくると大変危険です)
また、多くの掲示板は鉄板に緑色の黒板塗料が塗ってあるだけなので屋外で使用すると3~5年程度でサビが出始め、その都度、中の鉄板の交換作業が発生し余計なお金と時間を費やすことになります
更に、ガラス面がハメ殺し式になっているので、掲示物交換の際に左右の小窓から半分ずつ中の鉄板を引き出して交換する必要がありました
これは、意外と手間がかかり煩らわしい作業なのですが、これもまた時間の経過に伴い、さびや歪みが出るため一層、手間が増えます
この他にも、素材の肉厚が薄いため、強風によるバタつき感や高級感が感じられないといった問題がありました

これらは私たちが、お客様からよくご相談いただくお話です
そうした中で、お客様のご要望をひとつひとつカタチにしながら作り上げてきたのが当社の掲示板です
まず、掲示板を支える柱に、通しの1本柱を使用することで結合部分を無くし腐食による掲示板の折れを防ぎました
次に、掲示板内も鉄板ではなくゴム素材に鉄粉を混ぜ込んだゴム板を使用することで非常にサビにくくなっております(ゴム素材の板を使用していますので掲示の際には、磁石だけでなく画鋲もご使用いただけます)
当社にも、屋外の掲示板がありますが、10年程経過しておりますがサビなどは出ておりません
また、表のガラス扉が跳ね上げ式になっているので、扉の開閉がスムーズにですので掲示物の交換も簡単に行えます(ガラスをポリカーボネートに変更することで割れによる危険に対応することも出来ます)
更に、材料の1つ1つに肉厚の部材を使用することで高級な印象を与えるとともに、強風等によるバタつきも心配ありません
また、部材の数とボルト締めの箇所を極力少なくし施工時の組立作業を簡単に行えるように工夫しております もちろん、強度に関してもまったく心配ございませんので安心してお使いいただけます
この他にも、自社で設計・製作を行っておりますので、細かな仕様や寸法、色などお客様の要望を取り入れた商品をご提供致しますのでご相談ください
掲示板をお求めの際は、1度当社の掲示板をご覧下さい 品質の違いに驚かれると思います

新着情報

サン美術工芸の会社概要

事業内容

額縁・額装
モールディング、アルミ額、木製額、書道額など
掛軸・軸装
掛軸、表具、屏風、風炉先屏など
寺社用品
寺社用仏具、納骨壇、寺社用掲示板など

お問い合わせ連絡先

株式会社サン美術工芸
〒933-0941
富山県高岡市内免4-6-33
Tel.0766-21-6112
Fax.0766-25-3851
E-mail. san@sanjp.com
サン美術工芸へのお問い合わせ
サン美術工芸のfacebook
サン美術工芸のTwitter
サン美術工芸のインスタグラム
サン美術工芸のtumblr